泌尿器科専門医 ドクター尾上の医療ブログ:泌尿器科専門医 ドクター尾上に寄せられるさまざまな性感染症のトラブルについて専門家の立場からお答えします。
2017年07月16日

第44回 東京泌尿器科医会学術集会

2017071901.png

2017071902.png

第44回 東京泌尿器科医会学術集会で梅毒の講演をいたしました。
 

その抄録が東京泌尿器科医会ニュース No.57に
 

掲載されましたので報告いたします。

2017071903.png

日時:2017年2月25日(土)

場所:京王プラザホテル 本館 4階「花」

特別講演:

『泌尿器科医のためのアトラスで見る これが梅毒だ』            
 

宮本町中央診療所 院長 尾上 泰彦

  2017071904.png

  「梅毒」という病名の由来は第2期の赤い丘疹が楊梅(ヤマモモ)の果実に似ているので

楊梅瘡(ようばいそう)と呼ばれていた。いつの間にか「楊」の字が取れて、

次第に梅瘡⇒黴毒⇒梅毒と変化したと言われている。

また、梅毒はクリストファー・コロンブス一行が1492年、新大陸の発見と共に

❝原住民の風土病❞をヨーロッパに持ち帰ったとされ、「悪魔のお土産」といわれた。

その後、爆発的に全世界に拡がり、日本への伝来は永正九年(1512年)で、

約20年足らずで日本にやってきた。恐るべし、セックスのパワー。

梅毒のヨーロッパ伝播の通説である。

2017071906.png

本講演では、私が経験した梅毒症例を中心に臨床写真を提示しながら

視診技術のポイントについて述べる。

ご存知の通り「今や、梅毒はパンデミック状態」であり、 大きな社会問題になっている。

忘れられていた梅毒。昔の病気と思われていた梅毒。若い医師が見たことがない梅毒。

そういう意味では再興感染症でもある。

臨床医は忙しい。多くの医師は届けない。届け出は氷山の一角。

梅毒は全数報告で、どんな医師でも「梅毒」と診断したら

都道府県知事に7日以内に届け出る義務がある。

それでも梅毒は2011年以降、大都市を中心に徐々に増加し、現在、

アウトブレイクしている。

それでは何故、梅毒が増加しているのか?

何故、この5年間で梅毒が急増したのか?

しかも、なぜ、若い女性に急増しているのか。

確かに、先天梅毒児も毎年増加傾向を示し、胎児感染で重い障害の恐れもあり、

社会的に危惧されている。

疫学調査によると、年齢群別報告数の男性のピークは 20~40歳代である。

それに比して、何故か、女性のピークは20代前半の20~24歳にある。

その原因、理由はわからない。 しかも、この謎に迫る疫学的調査は、

内容があまりにもプライベートでプライバシーにかかわるため調査の仕様がない。

日本人の性行動様式が急に変わることは考え難い。

しかし、若い20代前半の女性に急増している。

急増の原因は、内的因子では考え難く、外的因子も考えなければならない。

一説に、2016年外国人旅行者が、初めて2400万人を超えた。

中国などアジア地域の旅行者が大幅に増加した。これが原因の一因なのか。

日本政府観光局の報告によると来日する中国人は、2008年に初めて

100万人を突破し、徐々に増加し、2016年には637万人以上と急伸している。

この外的要因が原因とは、根拠がないためはっきりとは言えないが、

一因の可能性もある。

中国衛生部が発表した「全国法定伝染病疫情状況」によると、

2013年度の梅毒感染者数は406,772人で、

これは15年前の10倍以上とのことである。

また、中国国家衛生・計画出産委員会HPによると、

2015年のみの中国の梅毒患者数は433,974人

(参考:2015年の日本の患者数は2,698人)である。

つまり、中国における梅毒患者数は日本をはるかに上回る増加をみせている。

中国の総人口は日本の11倍以上あるが、梅毒患者数は日本の160倍超というから、

梅毒の急伸状態には驚きである。

こうした経路で日本の若い女性に梅毒患者が増え、

日本での感染が増えたという可能性は考えられる。

梅毒に国境はないともいえる。

 梅毒の病因、分類、臨床症状

(第1期:初期硬結、硬性下疳、鼠径部リンパ節無痛性腫脹)、(図1.図2.)

第2期(バラ疹、梅毒性乾癬、脱毛、扁平コンジローマ、口腔咽頭粘膜斑など)

第3期、第4期の臨床像、悪性梅毒。

HIV感染症との関係。

眼科領域の梅毒。輸入感染症である軟性下疳の臨床像。

梅毒の診断・検査、治療、臨床医の落とし穴。

そして梅毒の感染予防の基本。

これらの臨床現場のアトラスを提示しながら紹介・概説した。


図1.初期硬結

2017071907.png

図2.硬性下疳

2017071908.png

情報交換会にての写真

2017071909.png

情報交換会にて

2017071910.png

情報交換会にて

2017071910.png

Posted by aids : 11:39 | トラックバック (0)

2017年06月29日

パートナーと一緒に検査

6月22日(木) 讀賣新聞 医療ルネサンス 「性感染症のいま」

5回シリーズの5回目に私の記事が掲載されましたので報告いたします。

■パートナーと一緒に検査

Q&A

性感染症の特徴や治療について、

東京都新宿区のプライベートケアクリニック東京名誉院長の尾上泰彦さんに聞いた。

20170629_01.png

-性感染症の中でも梅毒の患者が増えてきています。

「最近まで男性の同性カップルが中心でした。

昨年1,000人以下で推移していましたが、

2011年頃から増え始め、15年には異性カップルの感染者数が

同性カップルの数を追い越し、昨年は4,500人を超えました。

20歳代前半の女性が多いです」

20170629_02.png


-梅毒の特徴を教えてください。

「口腔性交でも移ります。感染3週間で菌の侵入部位に

潰瘍などができ、3か月で体にバラ疹と呼ばれる発疹などが出ます。

時期がずれたり症状が出なかったりすることも多く、

症状が出ても数週間で消えます。

数年で神経が侵され、失明や知能低下などを招きます。

また、梅毒に感染した妊婦から生まれた先天性梅毒の子供も最近は報告が増えています。

死産や流産となったり、肝臓や脾臓が腫れて生まれたりします」

-治療法と増加の背景を教えてください。

「戦後は多くの感染者がいましたが、以前は抗菌薬のペニシリン注射で治療でき、

減っていきました。しかし、アレルギーによるショックで死者が出てから、飲み薬の抗菌薬に変わり、今は一定期間飲んでもらいます。

症状が消えると薬をやめてしまう人がいることが問題です」

「増加の背景ははっきりしません。

中国といった外国でも流行しているので、性風俗店などを介して入ってきた可能性もあります。

スマートフォンの普及で、誰とでも簡単につながれることも原因かもしれません。

梅毒に詳しくない医師が症状を見落とし、感染を拡大させてしまっていることも課題となっています」

-梅毒以外に注意すべき性感染症はありますか。

「感染者数が一番多いのがクラミジアで、口腔性交でも感染します。

特に女性は性器に症状が出にくく、気付かず進行して不妊症の原因となることもあります。また淋菌も不妊症に結びつく感染症の一つ。抗菌薬に耐性を持つ菌が出ていて、

効く薬が少なくなっているのが喫緊の課題です。

性器ヘルペスやB型・C型肝炎など、日本性感染症学会の指針には

17種類の性感染症が記載されています」

-性感染症の予防はどうしたらいいですか。

「不特定多数との性行為は避けましょう。

また、全ての感染症を防げるさけではありませんが、

コンドームを正しく使用することは基本です」

「そして、定期的に検査を受けましょう。

私がみてきた中では、感染者の3割はパートナーも感染していました。

結婚する時や新しいパートナーができた時など、

一緒に検査を受けることをおすすめします」

【参考】性感染症の予防

20170629_03.png

Posted by aids : 19:30 | トラックバック (0)

2017年06月27日

クラミジア 感染気づかず

6月20日(火)讀賣新聞 朝刊 医療ルネサンス「性感染症のいま」

5回シリーズの3回目に私のクリニックのクラミジア感染症に関する記事が

掲載されましたので報告いたします。

■クラミジア 感染気づかず

「性器と喉、両方からクラミジアが見つかる人も多いんだよ」。

東京都新宿区にあるプライベートケアクリニック東京。

検査を受ける男性に医師が説明する。

20170627_01.png

若い人への感染が多いクラミジア。

感染すると女性はおりものの変化など比較的軽い症状があるか、

表れない場合もある。

男性は性器の異常で気づくことが多い。

国が定めた約1,000か所の医療機関から報告があった性感染症は、

ピークだった2002年の4万3,000人に比べ、昨年は2万人近く

減っているが、他の性感染症に比べれば圧倒的に多い。

一般的な性生活を送っている人にも感染が見つかる身近な病気だ。

身近な理由は、感染者との1回の性行為で、

30~50%の確率でうつると言われる感染力の強さにある。

1%未満とされるHIV(エイズウイルス)と比べるとよく分かる。

口と性器の間で感染することも多いほか、キスだけでも感染する

と言われ、カップルが互いに完治と感染を繰り返す

「ピンポン感染」が問題となっている。

パートナーの男性と一緒にクリニックを訪れた女性(41)は最近、

別の病院でクラミジアの治療を受けた。

「思い当たることが全然なかった。本当に不思議ですよね」と首をかしげる。

女性がクラミジアに感染したのは約4年ぶり。2回目だった。

前回は検査で見つかるまで症状は一切なかったといい、

クラミジアの症状も知らなかった。今回は性器にかゆみが出た。

当初はナプキンのせいだと思っていたが、その後、

ナプキンを使っていない時でも、かゆみは治まらなかった。

人前ではかくことができない部分だ。

我慢できず受診した結果、クラミジア感染が判明した。

クラミジアの恐ろしさは特に女性の場合、感染に気づかない

まま症状が進行しやすいこと。

男性の場合、尿道から分泌物が出たり、排尿時の違和感や痛み

があるので気づきやすい。

一方、女性は症状が出るのは2~3割。

おりものの色や量が変化したり、下腹部の痛みが出たりするが症状は軽い。

感染に気づかないまま、子宮頸管や卵管が炎症を起こし、

不妊や流産などの原因にもなりうる。

【参考症例】女性 クラミジア性子宮頸管炎

20170627_02.png
女性は完治したものの、今度はパートナーの性器に異変があるように感じた。

心配になり、一緒に全ての性感染症を受けようとクリニックを訪れた。

検査の結果、幸い2人とも感染はないことが分かった。

「今、不妊治療を受けています。今後のことを考えると、しっかり調べてもらい、

お互いに安心できました」と頬を緩ませた。

Posted by aids : 19:53 | トラックバック (0)

2017年06月18日

讀賣新聞 掲載 : 梅毒「まさか自分が」

6月16日 讀賣新聞 朝刊 医療ルネサンス 「性感染症のいま」 5回シリーズの1回目に私のクリニックの梅毒に関する記事が掲載されましたので報告いたします。

20170618_01.png

■梅毒「まさか自分が」

「偽装の達人」と呼ばれる性感染症がある。

最近、感染者数の急増が指摘されている梅毒のことだ。

これまで年間1,000人に満たなかった感染者数が、2011年頃から増加し、昨年は4,500人を超えた。

「感染するような性行為は思い当たらないのですが」

40歳代の会社員の男性が、医師に手を差し出す。男性の手や体に突然、赤い発疹が現れたのは6月初め。東京都新宿区のクリニックを初めて訪れた時、医師は皮膚を見るなり、梅毒と言い当てた。

20170618_02.png

発疹は梅毒の症状の一つでバラの花のように見える「バラ疹」だった。

血液検査の結果はやはり、陽性だった。初診時に処方された抗菌薬を飲むと、バラ疹は一週間できれいに消えた。

それでもまだ感染を示す数値は高く、性行為で相手に感染するリスクがある。
症状の進行度合いにもよるが、この男性の場合は4~8週間、薬を飲み続ける必要がある。

医師は「決められた量の薬を飲み終わるまで、ちゃんと治療に来てください」と、継続して薬を処方した。

 感染している人と1回の性行為でも、梅毒は比較的感染が起きやすい。
性器からではなく、口からも感染は起きる。

 一般的に、感染から約3週間で性器など病原体が入った部分に潰瘍などができる。
次に血中で病原体が増殖して全身に広がり、約3か月で体にバラ疹などが出る。

無治療なら数年で意識障害や知能低下、失明などにいたると言われている。
しかし、潰瘍などの初期症状は出なかったり、

発症時期がずれたりすることも多い。症状の出方も様々。

 潰瘍は唇や喉にできることもある。バラ疹が出る部位も一定ではない。
痛みやかゆみをほとんど伴わず、放っておくと数週間で表面的な症状は消えてしまう。
多様な症状を伴いながら、何事もないかのように潜伏する様子は、まさに「偽装の達人」。

梅毒をよく理解する医師でなければ、見逃してしまう可能性がある。

【参考症例】梅毒 第2期 バラ疹 20代の女性

20170618_03.png

 実際に現場の医師からは、皮膚科でバラ疹を別の皮膚疾患と

診断されていたケースや、産婦人科で性器のしこりを見落とされ、多くのパートナーと性行為を持った後にバラ疹が出た例などが報告されている。

パートナーを次々に代える人や不特定多数と性行為を持つ人の間では、本人も気付かないうちに梅毒に感染したり、拡大させたりしているかもしれないのだ。

クリニックを訪れた会社員の男性も、バラ疹が出るまで体の異変に気付かなかった。
梅毒の名前は知っていたものの、「まさか自分が」という驚きは今も隠せない。
「しっかり治るまでは不安。他の人にうつしていなければいいのですがー」

Posted by aids : 16:23 | トラックバック (0)

2017年06月04日

梅毒、尾上泰彦医師に聞く

時事メディカルにインタビュー取材されましたので報告いたします。

インタビュー  2017/5/31

梅毒、尾上泰彦医師に聞く(上)=患者急増、4000症例突破

梅毒患者が急増している。国立感染症研究所の報告によると、2016年第1~47週(1月4日~11月27日)に梅毒と報告された症例数は4077例で昨年同時期(2328例)の1.8倍。一時減少傾向にあったが10年以降増加傾向に転じた。男性では40~44歳、女性では20~24歳の報告例が最も多い。梅毒が流行している背景などについて、性感染症に詳しいプライベートケアクリニック東京(東京都新宿区)の名誉院長、尾上泰彦氏に聞いた。

◇過去の病気、一転再燃

―梅毒はいつから始まった病気か。

①   梅毒患者の症例数の推移

20170606_01.png

尾上 梅毒は、梅毒トレポネーマという病原菌がセックスなどの性的な接触によってうつる感染症。1492年に「新大陸」を発見したコロンブスが、欧州に持ち帰ったため全世界に広まったという説があり、日本でも20年後の1512年に病気についての記録がある。国内では1940年代に報告数が20万例を超えた。死を招くこともある病気として知られたが、抗菌薬であるペニシリンが戦後広く普及。小流行はあったものの、2010年には621例で過去の病気となりつつあった。ところが同年以降は増加傾向が続き、昨年1年間で4518例(速報値)と1974年以来42年ぶりに4000例を超えた。

―梅毒の再燃には、どのような理由が考えられるのか。

尾上 感染経路の大半は性的接触。口腔(こうくう)内に感染していたらキスでもうつる。インターネットやSNSの普及で交遊関係が広がり、性行為を目的として不特定多数と出会うケースが大幅に増えたことが背景にあるとされる。しかし、それなら梅毒以外の性感染症も同じように増えているはず。けれども、そのような結果は報告されていない。プライベートなことだけに調査には限界があり、原因ははっきりと分かっていない。

梅毒、尾上泰彦医師に聞く(上)=患者急増、4000症例突破

◇無症状でも強い感染力

―感染したらすぐに分かるのか。

尾上 梅毒は症状によって第1期から第4期まで四つのステージに分類される。初期である第1期は接触してから3週間後、3割の人に陰部、口腔内、口唇部などに硬いしこりができる。

②   第1期顕症梅毒 硬性下疳

20170606_02.png

人によっては股の付け根のリンパ節が腫れることもある。それまでは何の症状も表れない。痛みもかゆみもなく、自然に症状がなくなる。残りの7割の人は無症状なので気付かないことが多い。この時期は感染力が強く、他の人に感染する可能性が高い。知らないうちにパートナーに感染させているケースも多く、これが感染拡大につながっている。さらに妊娠中のパートナーに感染すると、胎盤を通して胎児に感染する。これは「先天梅毒」といって区別され、死産、早産、奇形など、胎児や新生児にさまざまな影響が及ぶ。

―それ以降はどういう経過をたどるのか。

尾上 さらに3カ月放置すると病原体が体中に回り、第2期の症状として体全体や手のひら、足の裏に赤い発疹が出る、あるいは肛門にいぼができる。ほとんどの人はこの段階で異常に気付き、皮膚科で梅毒の診断を受けることが多い。この時点であれば、数週間の抗菌薬の服用で完治する。ただ、かゆみも痛みもないのが特徴で、治療しなくても数日から数週間で発疹は消えるため、ここでも放置されることがある。

③   第2期顕症梅毒 手掌・足底(梅毒性乾癬)

20170606_03.png

第3期の症状が表れるのは、その数年後。皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生することがある。皮膚が溶けだし、外見的にもすぐ分かる症状が表れるが、かゆみも痛みもない。また、心臓、血管、脳などの体全体の臓器にさまざまな影響を及ぼし、第4期になると、死の危険性もある重篤な状態となる。現在は、治療のための抗菌薬が普及し、比較的早期から治療を開始する例が多い。第3期、第4期の晩期の梅毒に進行する人はほとんど見られなくなった。(ソーシャライズ社提供)

梅毒、尾上泰彦医師に聞く(下)=感染拡大どう対処する?

梅毒は主に同性愛者の間で流行していたが、最近は異性間での感染も多くなっている。知らないうちに多くの人にうつしてしまうだけでなく、パートナーが妊娠していたら母子感染の可能性もあり、小さな命にも影響する。梅毒は適切な治療で確実に治る病気。まずは一人一人ができることから始めることで感染拡大を抑えたい。治療、予防方法について、プライベートケアクリニック東京(東京都新宿区)の名誉院長、尾上泰彦氏に聞いた。

◇検査キットも、陽性なら受診を

④   尾上泰彦医師

20170606_04.png

―どのような検査をすれば、梅毒感染の有無が分かるのか。

尾上 梅毒の抗体を見つける「梅毒血清反応検査」で調べる。「脂質抗原検査(STS法)」と「TP抗原に対する検査(TP法)」の2種類がある。

⑤   梅毒血清反応検査の種類

20170606_05.png

STS法は感染してから4週間程度で陽性反応が出るが、TP法はさらに2週間程度の時間を要する。一方、STS法は10~20%の確率で偽陽性(BFP)が出るともいわれる。感染の疑いがある場合、両方の検査を組み合わせて行う。
検査はどの医療機関でも行っており、保健所などは原則無料で検査してくれる。病院に行くことに抵抗があれば、自分で検査できるキットがある。少しでも心配な場合は検査を受けることをお勧めする。

―陽性反応が出た場合、どの医療機関にかかればよいのか。

尾上 検査結果が陽性と出たら、専門の医療機関を速やかに受診する。梅毒は症状に苦痛を伴わないことが多いため、放置したり見逃したりすることも少なくない。早期に発見し治療を開始すれば、治療がスムーズに終わり、体への負担も少ない。一度感染しても再感染する可能性もあるので、パートナーと一緒に受診するとよい。
通常は泌尿器科、婦人科、皮膚科にかかる。ただ梅毒は過去のような大流行はなく、最近まで減少傾向が続いたため、若い医師にとってはなじみが薄い。症状があっても視診では他の疾患と間違え、梅毒の疑いを持たずに血液検査まで進まないこともある。感染の不安を持った場合には性行為から3週間を過ぎた後、検査を依頼しよう。性感染症に詳しい医師であれば安心だ。

梅毒、尾上泰彦医師に聞く(下)=感染拡大どう対処する?

◇完治後も抗体はできず

―治療はどのように行われるか。

尾上 症状や病期によっても違うが、抗菌薬の内服治療が一般的。第2期までであれば、4週間の内服で病原菌はほぼ死滅する。その後も医師の指示に従い、完全に死滅するまで内服を続ける。治療薬は耐性の報告がないペニシリン系抗生物質が第1選択。アモキシシリンが使用されることが多い。

⑥   梅毒の治療 日本性感染症学会 治療ガイドライン2016

20170606_06.png
欧米では飲み忘れの心配がない1回の注射で終わる治療が行われているが、日本はアレルギー反応で死亡するリスクを考慮し、現時点では未承認だ。死亡のリスクが100万人に1人という低リスクなことから、将来的には承認されるだろう。

⑦アメリカCDC 2015年 ガイドライン

20170606_07.png

―一度治療すれば、再発しないか。

尾上 梅毒は強い抗体ができるわけではなく、完治しても、また接触すれば感染する可能性はある。けれども、抗菌薬を飲んで治療すれば確実に治る病気だ。今のところ、抗菌薬に対抗する耐性菌の報告もない。一度感染すると体内には抗体が残るため、数値は高いままになっていることが多い。「治りきってない」「また感染した」と心配になる人もいるが、適切な治療を行えば、数値は高くても病原菌自体は死滅して完治している。数字に惑わされる必要はない。

―感染を予防するにはどうすればいいか。

尾上 100%とはいえないが、性交の際にコンドームを使用することでの有効性は確認されている。梅毒の感染予防の基本は▽不特定多数の人とセックスをしない▽性行為では最後までコンドームを使う▽オーラルセックスは安全とはいえない▽性行為では、この人は大丈夫と思い込まない▽不安な場合は時機をみて検査を受ける▽感染が分かれば徹底治療をする―などが重要だ。(ソーシャライズ社提供)

⑧梅毒の感染予防の基本

20170606_08.png

Posted by aids : 17:31 | トラックバック (0)

Entries

Archives