泌尿器科専門医 ドクター尾上の医療ブログ:泌尿器科専門医 ドクター尾上に寄せられるさまざまな性感染症のトラブルについて専門家の立場からお答えします。
2017年03月09日

「東京の若い女性の梅毒患者、なぜ5年で25倍の激増?」

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18252_3.htmlhttp://biz-journal.jp/2017/03/post_18252_3.htmlWeb上の「Business Journal」に、私が取材を受けた記事がUpされました
ので以下の如く報告いたします。
 
①「東京の若い女性の梅毒患者、なぜ5年で25倍の激増?」
20170309_01.png
 
 
東京の若い女性の梅毒患者、なぜ5年で25倍の激増?
中国人観光客の「夜の爆買い」が原因か?
 
重症化すれば「死に至る恐ろしい病」として、古くから知られてきた性感染症「梅毒」。
 
名軍師の黒田官兵衛をはじめ、歴史上の戦国武将のなかにも梅毒にかかって命を
落としたとされる例は多い。

この梅毒の感染者が近年、日本国内で急激に増加し、大きな問題になっている。
 
国立感染症研究所は今年1月、昨年1年間の梅毒患者数が4518人に上ったと発表した。
 
梅毒の感染者が4000人を超えたのは、1974年以来42年ぶりのことだという。
 
なぜ今、梅毒の感染者が急増しているのか。性感染症の臨床分野の権威であり、
梅毒の症例について詳しい泌尿器科専門医の尾上泰彦氏は、
「現在の梅毒の患者数は、氷山の一角にすぎません」と指摘する。
 
「東京の若い女性」の梅毒患者は5年で約25倍に!
 
梅毒が最初に流行したのは15世紀末のこと。
 
新大陸を発見したクリストファー・コロンブスが現地の風土病だった梅毒を
ヨーロッパに持ち帰り、それによって世界中に広まったというのが定説だ。
 
日本でも江戸時代に遊郭が発達したことで広がり、その後、1940年代には
感染者が20万人を超えるなど爆発的に流行した。
 
②梅毒の年次推移
20170309_02.png

しかし、第二次世界大戦後の45年に抗生物質のペニシリンが民間に
開放されたことで梅毒の患者数は一気に減少。
 
90年代には年間の患者報告数が600人を下回るなど、長らく横ばい状態にあった。
 
ところが、2011年ごろから再び増加傾向に転じると、患者数は年々増加。
 
16年には、ついに4500人を突破してしまったのだ。
 
③参考
20170309_03.png
 
「梅毒の初期症状は性器のしこりやリンパ節の腫れが見られ、
進行すると体に発疹が現れます。しかし、患部には目立った痛みがなく、
 
見過ごしてしまいやすいのが特徴です。
 
さらに、症状がまったくない『無症候梅毒』のケースも多い。
 
自覚症状のないまま病気が進行してしまう場合もあるため、
潜在的な患者数はもっと多いと考えられます」(尾上氏)
 
④参考症例:梅毒第2期 バラ疹
20170309_04.png
 
なかでも目立つのが、都市部に住む若い女性の感染だ。
 
国立感染症研究所が昨年1月から11月の患者を分析したところ、
約3割が女性で、そのうちの約半数が20代だったという。
 
同研究所の15年の集計データを見ても、全国の患者数2690人のうち、
20~24歳の女性が240人と約1割を占めている。
 
そして、そのうち約4割の99人が東京都に住む女性なのだ。
 
10年には東京都に住む20~24歳の女性の患者数はわずか4人だったので、
5年間で約25倍に激増したことになる。これは、もはや由々しき事態といってよく、
尾上氏は「まさに『パンデミック(広範囲におよぶ流行病)』といえるでしょう」と語る。
 
実際、事態を重く見た厚生労働省は、若い女性に親しみのある
 
「美少女戦士セーラームーン」をキャラクターに起用して啓発ポスターや
特製コンドームを作成。
 
「検査しないとおしおきよ!!」とのキャッチコピーで予防や早期検査を呼びかけている。
 
⑤「美少女戦士セーラームーン」の啓発ポスター
20170309_05.png
 
梅毒流行は中国人観光客の“夜の爆買い”が原因?
 
それにしても、なぜ現代の日本で梅毒が再び流行し始めたのだろうか。
 
患者数増加の背景はまだわかっていないが、一説として指摘されているのが、
訪日中国人観光客の増加との因果関係だ。
 
日本政府観光局の統計によると、訪日中国人観光客が初めて100万人を
突破したのは08年。彼らによる家電製品や日用品の“爆買い”が話題となり、
16年には訪日中国人観光客が初めて600万人を超えた。
 
⑥いつまで続く 中国人の爆買い!
20170309_06.png
 
 
そして、同時に増えたのが、実は中国人観光客たちの“夜の爆買い”だという。
 
「昔から、梅毒は夜の世界と切っても切れない関係にある病気です。
 
私は、以前から性感染症ハイリスク群のCSW(コマーシャルセックスワーカー)
の患者を多く診察してきました。
 
彼女たちの治療をしていると、訪日中国人観光客の増加に合わせて、
数年前から中国人団体客の話を聞くことが非常に多くなったのです」(同)
 
中国国家衛生・計画出産委員会が作成し、東京大学医科学研究所・
アジア感染症研究拠点がホームページで公開している
 
「2015年全国法定伝染病流行状況」によれば、中国の梅毒感染者数は
15年で43万3974人、そのうち死亡症例数は58人。
 
法定伝染病で報告発症例がもっとも多いのはウイルス性肝炎で、
次が肺結核、これに続くのが梅毒だ。
 
⑦梅毒に国境はない!
20170309_07.png
 
「中国の総人口は日本の約11倍ですが、梅毒患者は日本の約160倍も
いるのですから、驚異的な数字です。中国人観光客が感染経路というのは
ひとつの仮説ではありますが、日本人の性事情が数年間でここまで急激に
 
変化するとは考えにくい。なんらかの外的要因があると考えるのが、
自然ではないでしょうか」(同)
 
セックスワーカーには、夜の性風俗だけではなく昼間の仕事もしている女性も多い。
 
尾上氏は「彼女たちが夜の仕事で感染し、無自覚にパートナーに感染させている
可能性は十分に考えられます」と指摘する。
 
コンドーム着用でも完全に予防できない梅毒
 
しかも、恐ろしいのは、梅毒が誰でも感染し得る病気だということだ。
 
尾上氏によれば、「梅毒は性器同士の接触だけでなく、
オーラルセックスでも感染します。コンドームの着用だけでは、
万全な予防にはなりません。性交渉を持つ以上、誰にでもリスクはあります」という。
 
⑧梅毒の予防!コンドーム着用でも万全ではない!
20170309_08.png
 
では、再び流行し始めた梅毒から身を守るにはどうすればいいのか。
 
もし心当たりがあるなら、まずは早めに検査をすることが大切となる。
 
梅毒感染の有無がわかる梅毒血清反応検査は各種病院で受けられるほか、
自宅でできる検査キットも販売されている。
 
「まさか自分が……」と他人事のように考えるのではなく、
それぞれが当事者意識を持つことが必要だという。
 
「最近では、結婚前の女性が妊娠・出産に影響のある疾患があるかを調べる
『ブライダルチェック』もメジャーになりました。
 
結婚だけではなく、新しいパートナーができたときなど、
人生のターニングポイントに『節目検診』として検査を受けることを、
男女ともにおすすめします」(同)
 
そして、万が一感染してしまった場合は、しかるべき医療機関で
「適切な処置を受けてほしい」と尾上氏は語る。
 
「40歳以下の若い医師には梅毒患者を診察した経験がない人も多い。
 
そのため、なかには誤った診察をして治療を遅らせてしまうケースもあります。
 
戦前と違い、現在の梅毒は初期段階で治療をすれば必ず完治する病気です。
 
感染拡大を防ぐには、産婦人科、皮膚科、泌尿器科などの医師たちが
梅毒の初診に対して適切な処置を行うことが重要となるでしょう」(同)
 
⑨梅毒の治療
20170309_09.png
 
梅毒はもはや「過去の性感染症」ではない。
 
この病気を再び大流行させないためには、
一人ひとりの意識の向上こそが最良の対策となるのだ。
 
(文=森江里子/清談社)
 
ニュースサイトで読む:
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18252_3.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.
 
ありがとうございました。

Posted by aids : 19:34 | トラックバック (0)

2017年02月27日

腟トリコモナス症の再発

30代の女性から「腟トリコモナス症の再発」について
相談がありましたので報告いたします。


①腟トリコモナス症
20170227-01.png

 

②腟トリコモナス原虫:活発に運動する
20170227-02.png

 

③腟トリコモナス原虫の鞭毛 (鏡検:生標本)
20170227-03.png

 

【相談内容】30代の女性。
腟トリコモナス症の再発で悩んでいます。
約1年間、検査と治療を繰り返している状態です。
原因がわからず、不安な日々です。
フラジール腟剤と内服薬で症状が改善されず、
チニダゾール腟剤と内服薬に切り替え治療を行いました。
その後陰性となりましたが、3週間後痒みがあったため、
再検査を受け、再び陽性。
チニダゾール10錠を1度に服薬後、陰性となりました。
次の生理後の再検査でも、トリコモナスの検出がなかったため、
1度は完治と言われました。

しかし、半年が経ち再び痒みがあったため、
検査をしたところ疑陽性との判定(陽性とまでは言い切れないと言われました)。
生理直前の検査で陰性。
生理後の検査で陽性となり、現在チニダゾール腟剤と内服薬7日間で治療しております。

この半年、新たな感染リスクのある行為はありません。
検査方法は、培養検査かと思います。
再発の原因がわからないこと、また現在の治療方法でよいのか、不安な日々です。
先生からアドバイスをお願いできますと幸いです。
よろしくお願いします。
つづく

 

④腟トリコモナス症ってどんな病気なの?
20170227-04.png

 

つづき
【回答】
腟トリコモナス症の再発で大変長い間、お悩みですね。
貴女は、約1年前から、検査と治療を繰り返している。
原因がわからず、日々不安である。
フラジール腟剤と内服薬で症状が改善されない。
そのためチニダゾール腟剤と内服薬に変更。
その後、陰性となったが、3週間後、痒みを認め
再検査を受け、再び陽性。
チニダゾール10錠を1度に服薬後、陰性となる。
次回の生理後の再検査で、トリコモナスは陰性。
一度は完治と言われた。
しかし、半年後、再び痒みを認めた。
検査をしたところ疑陽性との判定(陽性とまでは言い切れない)。
生理直前の検査で陰性。
生理後の検査で陽性となり、現在チニダゾール腟剤と
内服薬7日間で治療しております。
この半年、新たな感染リスクのある行為はない。
検査方法は、培養検査かと思います。
再発の原因がわからない。
現在の治療方法でよいのか、日々、不安である。
先生からのアドバイスを希望する。
以上貴女の臨床経過をまとめてみました。
つづく

 

⑤腟トリコモナス原虫 鞭毛 波動膜 18μm
20170227-05.png

 

つづき
さて≪腟トリコモナス症の治療≫ は、基本的にパートナーと共に、
同時期、同期間の治療を必要とします。
その際、男性では、女性に比べトリコモナス検出が困難であるため、
パートナーの男性が陰性と判定されることが多いのが現実である。
しかし、男性も治療を行うことをお勧めいたします。
トリコモナス感染症の治療には、現在、5-ニトロイミダゾール系の
メトロニダゾール(フラジール)が一般的であります。
女性でも尿路への感染の可能性があり、やはり経口剤が必要です。
腟座剤や経口投与が困難な例では、腟錠単独療法を行います。
なお、難治な場合や再発する場合では経口、腟錠による併用療法を行います。
●メトロニダゾール(フラジール錠250mgなど)の500mg/日分2、10日間
また、ニトロイミダゾール系の薬剤は、その構造内にニトロ基をもっており、
発ガン性が否定できないとされています。
そこで、1クールの投与は10日間程度にとどめ、追加治療が必要なら
1週間はあけることとしています。そのほか、投与中の飲酒により、
腹部の疝痛、嘔吐、顔面潮紅などのアンタビュース様作用
(アルコールと薬の相互作用で危険な症状がでること)が現れる危険性があるので、
投与中および投与後3日間の飲酒は避けることをお勧めいたします。
さらに、最近の治療法として、上記の10日間薬剤投与法のほかに、単回大量投与法として
メトロニダゾール(フラジール)1.5g単回投与がありますが、現在、保険適用ではありません。
また、メトロニダゾール(フラジール)と同系統であるチニダゾールでは2g(200mg10錠)単回投与が保険適用です。
≪治癒判定≫については、自他覚症状の消失をみるとともに、トリコモナス原虫の消失を確認いたします。
女性では、次回月経後にも原虫消失の確認をする方がよいとされています。
これは腟トリコモナス原虫が月経血中で増殖するためと言われているからです。
≪予後≫については、メトロニダゾール(フラジール)の経口投与で90~95%の消失がみられます。
同時期に患者とパートナーの両者を治療すれば、その予後は良好とされています。
つづく

 

⑥腟トリコモナス原虫;模式図
20170227-06.png

 

つづき
『腟トリコモナス症の治療』について
5-ニトロイミダゾール系の薬剤は大変有効ですが、一部に耐性を示すトリコモナスがあります。
これらは現在のところより高用量の再投与で対処していますが、なかには消失のみられない
難治な症例もあります。
これら耐性トリコモナスにも有効な薬剤の開発が待たれるところです。
初回治療が無効で再感染が否定される例への再治療として海外では、海外での初回治療である
メトロニダゾール(フラジール)500mg、一日2回、7日間にての再治療が勧められています。
その上でなお無効であれば、メトロニダゾール(フラジール)2g単回経口投与を24時間おきに
3~5日間を試みるとされていますが、このような治療は性感染症の専門家のもとでなされる
ことが勧められます。
幸い、貴女が受診されている婦人科の先生の治療は安心できると思います。
早く良くなってください。お大事になさってください。

 

⑦腟トリコモナス原虫の鞭毛 (鏡検:生標本)
20170227-07.png

 

【返事と相談内容】
先生ご丁寧にアドバイスをいただきありがとうございます。
新たな情報を得ることができ、治療に対して少し前向きになれました。
先生に追加でお伺いしたいことがあります。
下着やタオルについては、洗濯後、乾燥機等で完全に乾燥させれば、
使用して問題ありませんでしょうか。
また自宅浴槽については、入浴後水を抜いて通常の掃除を行い、
乾燥させることで、湯船に浸かっても問題ないと考えてよろしいでしょうか。
治癒後、温泉にも行きたいのですが、再感染しないか神経質になっております。
定期的にSTD検査を受けることが1番の予防法になるのでしょうか。
よろしくお願いします。

 
【2回目の回答】
腟トリコモナス症の予防法としては、
感染経路の遮断対策を忘れてはなりません。
性行為以外の接触による感染報告も時にみられるからです。
他の感染経路としては、身に着ける下着ヤタオルなどからの感染、
洋式トイレ、便器や浴槽を通じた感染の報告もあります。
しかし通常は日常生活で感染することは無いと考えます。
あまり神経質になる必要はないと思います。
貴女がおっしゃる通り、下着やタオルについては、洗濯後、乾燥機等で
完全に乾燥させれば、使用しても何ら問題ありません。
自宅浴槽については、入浴後水を抜いて通常の掃除を行い、
乾燥させることで、湯船に浸かっても問題ないと考えます。
治癒後は、温泉にも行き楽しんでください。
ご心配があれば婦人科でご相談し、もし必要があればSTD検査を
受けることは良い事だと考えます。

Posted by aids : 12:12 | トラックバック (0)

2017年02月21日

尖圭コンジローマの再発

30代の女性から「尖圭コンジローマの再発」について相談がありましたので報告いたします。
 

①尖圭コンジローマ
毛包はHPVの感染標的や潜伏部位の可能性がある

20170221-01.png
【相談内容】
 
34歳の女性。未婚。

去年の10月にお風呂でブツブツがある事に気付き婦人科で治療を
 
続けていますが5ヶ月経った今もいろんな場所に再発を繰り返しています。
 
ベセルナクリーム、液体窒素治療、外科的切除・・・
 
いろんな方法で治療していますが一箇所良くなりかけると違う場所にまた
 
出来ているのを見つけ精神的に疲れ果ててきました。

免疫力を上げる方法を実践したり漢方も飲み続けたり出来る努力は
 
しているつもりですが結果がついてこず悲観的になるばかりです。

『 コンジローマは再発との戦い』と言われていますが
 
1年近く再発し続ける事はあるのでしょうか?

私は今34歳、未婚な事もあり治療が長引く事にとても焦っています。

よろしくご指導お願いします。


 
②参考症例:女性の尖圭コンジローマ
    (大陰唇・小陰唇・腟前庭など)
20170221-02.png
 

③尖圭コンジローマの治療戦略
20170221-03.png

【回答】
貴女は30代の女性。未婚。
 
2016年10月に風呂で外陰部にブツブツがある事に気付き某婦人科を受診し、
 
治療を受けている。
 
 尖圭コンジローマの治療を始めて5ヶ月間経つが、いろんな場所に再発を繰り返している。

治療はベセルナクリーム外用療法、外科的治療として液体窒素、外科的切除などを行った。
 
一箇所良くなりかけると違う箇所にまた再発し、再発を繰り返すため、精神的にストレスが溜まっている。
 
自分で、免疫力を上げる方法を実践、漢方薬も継続服用している。
 
好転しないためQOLが低下し、悲観的になっている状態である。
 
以上、貴女の経過・状態をまとめてみました。
 
つづく。
 
 

 ④尖圭コンジローマの治療 外科的療法
20170221-04.png
【回答】つづき
 
貴女もご存知のように『尖圭コンジローマの治療は再発との戦いである』と
 
私はよく言っています。貴女のように長期間、再発が続く場合があります。
 
でも貴女の努力で、良くなる時期が必ずくると考えます。
 
学術的根拠はありませんが、私は尖圭コンジローマにも寿命があると考えているからです。
 
自然治癒も約20%あるとも言われています。
 
また良くなったかどうかの治癒判定は大変、難しい問題です。
 
それは再発率が高いからです。
 

 

⑤尖圭コンジローマの治療 薬物療法
20170221-05.png

 

⑥ベセルナクリーム外用療法
20170221-06.png
 

⑦イミキモド塗布と外科的治療の共同作戦
20170221-07.png
【回答】つづき
 
目安としてはコンジローマの消失後、最低3カ月は再発がないことを確認することです。
 
とりあえず、このタイミングで治癒と判定いたしますが、6カ月後、1年後に再発しないとは言えません。
 
治療法として凍結療法、レーザー蒸散、電気焼灼、外科的切除、イミキモドクリームなどがありますが
 
コンジローマの絶対的治療法はなく、どんな治療を行っても、3カ月後の再発率は15~30%あります。
 
このように尖圭コンジローマの最大の問題は再発です。
 
考え方は色々ありますが、ある程度治療してみて効果がなければ、
 
貴女が今まで行ってきたように、一つの治療法にこだわらず、
 
他の治療に変更することも考慮すべきだと思います。
 
ただその治療法の説明を受け、その特徴を理解し、
 
貴女が納得して治療に望むことをお勧めいたします。
 

 

⑧外用療法と外科的治療の共同作戦
20170221-08.png

 

⑨患者のQOLの低下
20170221-09.png
【回答】つづき
 
貴女は現在、治療が長くなり将来に不安を抱えています。
 
また再発しないのか、いつまで治療するのか、結婚できるのか、子供を作れるのか、
 
子宮頸癌ならないのか、等々・・・・・貴女の悩みは深く、“生活の質”が低下しています。
 

 

⑩HPV感染による最大の対策は
ワクチンによる感染予防

20170221-10.png

 

⑪日本でも4価ワクチン
20170221-11.png

 

⑫治療法のまとめ
20170221-12.png
【回答】つづき
 
貴女にはこれからの人生があります。
 
婦人科の主治医とよく相談され、治療を継続されてください。
 
早く治癒することをお祈り申し上げます。
 
お大事になさってください。

Posted by aids : 18:46 | トラックバック (0)

2017年02月20日

「アトラスで見る性感染症」学校医部会学術講演会

私の講演会がありましたので報告いたします。
 
2017年(昭和29年)1月26日(木) 19:30~21:00
川崎:ホテル精養軒
川崎市医師会学校医部会学術講演会
演題 『アトラスで見る性感染症』
座長:学校医部会 部会長 花田 徹野先生
 
この部会は組織が大変しっかりしており、部会の先生方が多く
出席されました。
皆さん大変、熱心に勉強なさっておられました。
現在、社会問題になっている梅毒を中心に
性感染症全般について解説いたしました。
 
①川崎市医師会学校医部会 学術講演会
『アトラスで見る性感染症』

20170220-01.png

 

②日本性感染症学会診断・治療ガイドライン2016
17疾患のSTIが記載されている.

20170220-02.png
講演要旨:
1)感染症発生動向調査  定点報告(4疾患)
2)梅毒の特徴
発症届け出の義務
疫学的調査:2011年以降増加傾向
異性間接触例の爆発的増加
20代前半の若い女性に急増
5年間で5倍に急増
2016年12月31日現在:4518例
梅毒恐るべし!
外国人の入国者が急に増加したのが原因?
 


③梅毒は全数報告疾患でどんな医師でも梅毒と
診断したら7日以内に発症届出の義務がある.

20170220-03.png

 

④梅毒の分類
20170220-04.png
3)梅毒の臨床現場
①第1期:初期硬結、硬性下疳、鼠径部リンパ節無痛性腫脹(無痛性横痃)
②第2期:バラ疹、梅毒性乾癬、梅毒性脱毛、扁平コンジローマ、
口腔咽頭粘膜斑
③第3期:結節性梅毒疹
④悪性梅毒
⑤梅毒は眼にも感染する
 

 ⑤性器外硬性下疳の症例:下口唇に2つ下疳.
20170220-05.png

 

⑥梅毒第2期 梅毒性乾癬の症例
20170220-06.png

 

⑦梅毒第2期:口腔咽頭粘膜斑:舌の乳白斑
20170220-07.png

 

⑧目にも梅毒は感染する
20170220-08.png

 

ぶどう膜炎患者には積極的に梅毒血清反応を行う.
20170220-09.png

 

HIV感染者の口腔カンジダ症(HIV・梅毒感染患者)
20170220-10.png
4)クラミジア感染症
5)淋菌感染症
 

 

女性:クラミジア性子宮頸管炎
20170220-11.png
6)咽頭感染:口腔・咽頭は性感染症の温床
 

 

CSWの口腔・咽頭は性感染症の温床
20170220-12.png

 

CSWの淋菌性・クラミジア性咽頭炎症例
特徴:多くは自覚症状がない.

20170220-13.png
7)性器ヘルペス
 

 

性器ヘルペスの初感染の発症メカニズム
20170220-14.png

 

性器ヘルペスの初感染時には子宮腟部にも
ヘルペス症状がでる.

20170220-15.png
8)性器外性器ヘルペス
 

 

性器外性器ヘルペス:女性:乳房症例
20170220-16.png
9)尖圭コンジローマ
10)性器伝染性軟属腫
 

 

顔面に伝染性軟属腫が多発した場合はHIV
感染を疑う.

20170220-17.png
11)軟性下疳:幻の性病・輸入性感染症
 

 

幻の性病:軟性下疳:南アフリカに多い
20170220-18.png
12)性感染症の予防
 

 

⑲性感染症の予防
20170220-19.png
最後になりましたが、このような発表の機会をいただきました、
 
学校医部会部会長 花田徹野先生に感謝申し上げます。
 
また学校医部会部の発展をご祈念いたします。

Posted by aids : 10:45 | トラックバック (0)

2017年02月16日

高齢者梅毒再発の可能性(女性)

2017年2月10日に本ブログに掲載されました
 
≪高齢者の梅毒: 「高齢者梅毒再発の可能性 (女性)」≫について
 
相談者からご返信がありましたので報告いたします。
 
①世界らん展 2017 東京ドーム

20170216-01.png
 
【返信内容】
 
お忙しいところ、早々にお返事をいただきありがとうございました。
 
再燃の可能性は無いとのこと。安心いたしました。
 
最初に、罹患歴があるとおっしゃった先生が「治療するほどではない。」と
 
いう言い方をされたので、素人考えで、水疱瘡のように、感染させるほどの
 
強さはないまま何十年も身体の中で眠っていて、抵抗力が無くなると再燃し、
 
病原体の宿主に少しずつ悪さをする可能性があるのではと思っていました。
そのため、原因不明でCRP高値になって体調不良になるたびに、再燃の
 
心配をしていました。

今思えば、その時の治療には無関係にも関わらず、わざわざ娘に罹患歴を
 
告げた意味がわかりません。
 
告げられた場所も、ナースセンターの片隅で他の患者さんも近くにいるところでした。
 
普通の主婦であった母が罹患歴があると聞き少なからずショックを受けましたが、
 
「心配するな。」とおっしゃった先生が「今でこそ少ないが、戦中戦後の方には多かった」
 
と言われたことで自分を納得させ、また、再燃の心配ばかりして、
 
不思議に日常生活での感染の心配はしませんでした。
 
しかし、原因不明で体調不良が続く母の姿を見るのがかわいそうで辛く、
 
主治医の先生には聞きづらく、ネットで検索しても高齢者の再燃といった
 
内容は見つからず途方に暮れていました。

このような信頼できる医療相談の場所があったことに本当に感謝します。
 
尾上先生、ありがとうございました。
 

②梅毒血清反応検査
 
20170216-02.png
 
③梅毒血清反応定性検査検査の結果の解釈

20170216-03.png
 
【感想】
以上のように身に余る感謝の言葉をいただき、大変うれしく思います。
 
梅毒の血清反応検査は駆梅療法を行っても、何十年も前の過去の
 
歴史(罹患歴)をほじくり返すような結果になってしまうことが大変多くみられます。
 
ほとんど意味のない検査です。がこれしか検査の方法がないのです。
 
困ったものですね。
 
ある専門家はこのような患者さんの「心を傷つける検査」はやらない方が良い、
 
とも言っています。
 
お大事になさってください。
 
④梅毒の治療はいつまで続けるの?

20170216-04.png
 
⑤梅毒の治療の目的

20170216-05.png
 
⑥葉牡丹

20170216-06.png

Posted by aids : 17:55 | トラックバック (0)

Entries

Archives