泌尿器科専門医 ドクター尾上の医療ブログ:泌尿器科専門医 ドクター尾上に寄せられるさまざまな性感染症のトラブルについて専門家の立場からお答えします。
2017年01月23日

梅毒の再感染について

30代後半の男性から梅毒の再感染について相談がありましたので報告いたします。
 
【相談内容】

2016年12月7日に、尾上先生に相談した30代後半の男性です。
(概要)13年前に梅毒に感染し治療済です。

が、新規に梅毒に再感染しました。

梅毒(+)でTP抗体定量354.0U/ml(再検同値)、
RPR定量276.0R.U.(希釈再検済 20倍)で、
アモキシシリンカプセル250を1日1錠4回を処方され、1カ月間服薬しました。

このたび血液検査をしました。

結果は、TP抗体定量16324.0U/ml(希釈再検済 20倍)
RPR定量35.0R.U.(希釈再検済 5倍)でした。

①梅毒の診断・検査

20170127_01.png


主治医の先生は、TP抗体が急激に上昇している意味がわからないとおっしゃっており、念のため再度28日分のアモキシシリンカプセル250を1日1錠4回を処方されました。

今回、尾上先生に教えていただきたいことは、TP抗体値が急激に上昇した理由を教えてください。

また、前回の検査報告書には、TP抗体定量の欄外に、(再検同値)と記載されていたのに対し、今回は(希釈再検済 20倍)となっておりました。
どのような違いなのか教えて頂きたいです。

あと、尾上先生は、梅毒に関する各投稿に対して1カ月間アモキシシリンカプセル250を服薬すれば、感染能力は消滅し完治と判断できるとご回答されておりますが、私も同じように完治と判断できるのでしょうか?

その際は、処方された薬はどうしたらよいのでしょうか?

彼女との性行為が可能なのかも含めてご回答頂ければ幸いです。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

お忙しいところ有難うございます。

お返事が遅いのでお身体悪いのかと心配してました。

薬は服用しており、処方の不足分として個人輸入したアモキシシリンカプセル250を追加して1日2錠×3回服用しております。

お時間できましたら、ご返信お願い致します。

②梅毒血清反応
20170127_02.png

【回答】

TP抗体値が急激に上昇した理由ですが、
通常は再感染した場合は、TPHAの値が、 急激にかなり上昇するのが特徴的です。
 
しかし、貴男は アモキシシリンカプセル250mgを1日4錠を処方され、1カ月間服薬した。
それなのに(服薬前)の TP抗体定量値が 354.0U/mlから
(服薬後)には16324.0U/ml とかなり上昇しています。

これは、血液検査のタイミングの問題が考えられます。
 
丁度、服薬、1カ月前に検査したタイミングが早かったのかもしれません。
 
もし、服薬しないで1~2週間後に検査していたら、もっと上昇していたかもしれません。
 
服薬したからTP抗体定量値が16324.0U/mlまで下がったのかもしれません。
 
③梅毒の診断・検査
20170127_03.png
 
これは、無いとは思いますが、また、貴方にその後、性的接触(性行動)があったとすれば梅毒の再々感染の可能性があります。その場合もかなり上昇いたします。
 
梅毒は終生免疫が得られませんから、何回でも再感染いたします。
 
④パーカーインク染色 ・ ライトギムザ染色
20170127_04.png
 
例えはあまり良くないですが、自動車事故と同じです。
 
事故車を修理すれば、また快適に走行できるようになります。
 
が、運悪く、また交通事故を起こすかもしれません。
 
修理して、さらにまた走行していれば事故を起こす可能性があります。
 
何回でも事故を起こす可能性があります。
 
⑤梅毒の治療 治療ガイドライン2016
20170127_05.png
 
 ですから、感染したら駆梅療法を再スタートすれば、良いわけです。
 
2016年11月1日に改訂された日本性感染症学会の治療ガイドラインに則った治療をすれば問題なく完治します。
 
貴男の場合は、アモキシリンカプセル250mg(サワシリンなど)1日6cap/分3を8週間服用することをお勧めいたします。
 
1日量は4capではなく6capです。
 
この駆梅療法が終了すれば、もちろん、服薬の必要はありません。
 
日常生活、性的行動も普通にできます。
 
あとは、定期的(1~3カ月)毎に血液検査をして経過観察することです。
 
⑥臨床医の落とし穴!
20170127_06.png
 
貴男の別のご質問ですが、≪前回の検査報告書には、TP抗体定量の欄外に、(再検同値)と記載されていた≫
≪今回は(希釈再検済 20倍)となっておりました≫≪どのような違いなのか教えて頂きたいです≫

TP抗体定量354.0U/ml(再検同値)とは定量検査ですから検査データに誤りがあるといけないので、念のため検査センターが、同じ検査をしてくれて、同じ成績データだったという意味です。
 
親切に再検査をしてくれたわけです。
 
(希釈再検済 20倍)の意味ですが、希釈法を再度行い、その結果が2回とも20倍を示したという意味です。
 
従来は梅毒血清反応は人間による用手操作、目視判定による倍数希釈法が一般的でしたが最近では利便性、簡便性、効率性に勝る、自動分析装置による検査法(自動化法)が一般的になっています。
 
しかし臨床現場において自動化法の普及を知らない医師が直面する問題にその結果の取り扱いの解釈があります。
 
問題点の第一には結果の表記方法が異なるということです。
 
第二には倍数希釈法と自動化法がどのように対応するのか明確に示されていないことです。
 
希釈液法は、現在はある意味では過渡期で行っていますが、将来はやらなくなると思います。
 
これからは自動化法に向かっていくと考えます。
 
ただ、現在は医師のデータの解釈の混乱を避ける意味で参考値として付記されていると考えてください。
 
⑦梅毒治療の経過観察
20170127_07.png
 
また貴男はTP法を気になさっていますが、梅毒の経過観察はTP法ではなく、RPR法で行ってください。
 
RPRの値が下がっていれば、良い方向に向かっていると考えてください。
 
貴男の成績はRPR定量276.0R.U.(希釈再検済 20倍)がRPR定量35.0R.U.(希釈再検済 5倍)に下がっていますから、治療効果が上がっていると考えられます。
 
良かったですね。
 
お大事になさってください。

Posted by aids : 17:23 | トラックバック (0)

2017年01月21日

陰茎硬化性リンパ管炎

20代後半の男性から「ペニスのスジ」について相談がありましたので報告いたします。
 
【投稿者】
陰茎硬化性リンパ管炎が心配

【内容】
4日ほど前から、陰茎の表側(上から見える側)に痛みがあり、触ってみると縦の血管が一本だけ固くなっていてそれが根元の方まで続いていました。

勃起時は何もしない状態でも鈍痛があり、また半勃起の状態では痛みはありませんが、その筋を押すと同様に痛みがあります。

10日ほど前に少し強く圧迫されはしましたが、それが原因とも思えません。

性行為は1ヶ月ほどありませんが、性感染症(長い潜伏期間のもの)は可能性もあるため、判断に迷います。

自分で調べてみて、硬化リンパ管炎が近いと思いましたが、痛みがあるという点が違います。

また固い部分は筋状ではあるものの、上の方のうねっている細い血管まで固いので、これはリンパなのだろうか?と思っています。

ちなみにシャワーで冷やすと次の日は何も感じず、自慰で時間が経過すると(勃起状態でも)一時的に解消されます。

どちらも痛みだけでなく固さも消えます。

放置して良いものか分からないため、どうか回答をお願いします。
 
 
①参考症例:非性病性硬化性リンパ管炎
20170123_01.png
 
 
【回答】

基本的には診察しないとわかりません。
 
貴方が言うように、現在の状態は陰茎硬化性リンパ管炎が最も考えられます。
通常は、痛みがなく、触れるとスジがコリコリしています。
 
②参考症例:非性病性硬化性リンパ管炎
20170123_02.png
 
 
貴方は痛みを感じる場合であるそうですから、迷いますね。
 
ただ痛みがある場合も少なからずあります。
 
また、1カ月前に性的行為があったそうですから
STI検査も含めて泌尿器科専門医に診てもらいましょう。
 
そして、安心いたしましょう。
 
お大事になさってください。
 
③参考症例:非性病性硬化性リンパ管炎
20170123_03.png
 
④参考症例:非性病性硬化性リンパ管炎
20170123_04.png

Posted by aids : 10:47 | トラックバック (0)

2017年01月11日

「梅毒患者5年で5倍」

ご存知の通り、梅毒がこの5年間で5倍に増加しています。

このことは憂慮すべき社会問題です。

先天梅毒児が年々増加傾向にあります。

胎児感染で重い障害の恐れがあり、危惧されています。

今年に入り、3大新聞が昨年の「梅毒の激増」について報道いたしました。

2017年1月6日の讀賣新聞 夕刊紙によりますと以下の様です。

『梅毒患者 5年で5倍』
 
①2017年1月6日の讀賣新聞夕刊「梅毒患者5年で5倍」
20170111_01.png
 
昨年は4000人超  40年前と同水準
 
②梅毒患者について
20170111_02.png
 
日本性感染症学会の荒川創一理事長は讀賣新聞のインタビューに応え
 「不特定多数との性接触を避け、妊娠の可能性のある女性は必ず妊婦健診を受けてほしい」
 とコメントしています。
 
③讀賣新聞 荒川創一理事長のコメント
20170111_03.png
 
しかも、何故か、若い20代前半の女性に急増しています。

男性は20~40歳代にピークがある。

それに反して女性は20代前半の女性にピークがある。

④梅毒:年齢群別報告数
20170111_04.png
 
⑤昨年:梅毒患者全国報告数 2016年12月18日現在
20170111_05.png
 
ご存知の通り昨年の、IDWR (感染症発生動向調査週報)2016の50号(~12月18日まで)によりますと、梅毒患者の全国報告数は、なんと 4336人となり、大都市でみますと、東京 1610人、大阪 562人、神奈川  270人の順になっております。

梅毒患者は激増しており、2016年の全国報告数は、4500人に迫る勢いになっております。

全国報告数も、この5年間で5倍に増加しています。

この激増している原因、理由が判明していません。

国立感染症研究所も この原因はわかりませんと、言って沈黙しています。

内容が内容だけに調査のしょうがないのでしょうね。

しかしながら真に憂慮すべき社会問題です。

これは正にパンデミック状態と言っても過言ではないでしょう。

日本人の性行動のパターンが急に変化したとは考えられません。

激増したのは何故でしょうか?

以下の写真を参考にしてください。

⑥何故、ここまで急増したのか?
20170111_06.png
 
⑦何故、ここまで急増したのか?
20170111_07.png
 
⑧何故、ここまで急増したのか?
20170111_08.png
 
⑨梅毒流行の増加原因?
20170111_09.png

Posted by aids : 23:16 | トラックバック (0)

2017年01月03日

『梅毒』の日本語版 パンフレット 完成

昨年12月末のブログに、2015年9月30日に作成した「梅毒の中国版のパンフレット」に
ついて報告いたしましたが、今回はそのオリジナルの2011年12月19日に作成されていた
日本語版の『梅毒のパンフレット』について報告いたします。製作会社はSysmexです。
 
パンフレットの内容は写真を参考にしてください。
 
参考写真④⑤⑫⑬は新しくいたしました。
 
① Sysmex 梅毒(日本語版)パンフレット
20170103_01.png
 
② Sysmex 梅毒(日本語版)パンフレット
20170103_02.png
 
 Sysmex (日本語版) 性感染症 Up to Date
『梅毒』 宮本町中央診療所 尾上泰彦

③表1.梅毒の分類 日本版
20170103_03.png
 
 
④男性:梅毒:病型別報告数推移 (日本版)
20170103_04.png
 
⑤女性:梅毒:病型別報告数推移(日本版)
20170103_05.png
 
⑥Sysmex 梅毒(日本語版)パンフレット
20170103_06.png
 
⑦梅毒の病期分類(後天梅毒の一般経過)日本語板
20170103_07.png
 
⑧症例:梅毒第1期 初期硬結
20170103_08.png
 
⑨Sysmex 梅毒(日本語版)パンフレット
20170103_09.png
 
⑩Sysmex 梅毒(日本語版)パンフレット
20170103_10.png
 
⑪症例:悪性梅毒 Malignant Syphilis
20170103_11.png
 
⑫参考:性感染症 梅毒治療ガイドライン2016
20170103_12.png
 
⑬参考:梅毒血清反応検査の結果の解釈
20170103_13.png
 
 
この梅毒(日本語版)パンフレット作成にあたり、
 
Sysmexの関係者に深く感謝申し上げます。
 
⑭お正月:葉牡丹
20170103_14.png

Posted by aids : 19:21 | トラックバック (0)

2017年01月01日

陰嚢内のしこり

20代の男性から陰嚢内容のシコリについて相談がありましたので報告いたします。
 
【相談内容】

玉袋の内部にBB弾くらいのしこりのようなものを見つけました。
 
しこりの位置としては、皮膚や睾丸にくっついているという感じではなく、
独立して玉袋内部の上部左側に浮いているという感じです。
 
痛みはありません。
 
どのような病気が考えられますか?
 
①参考症例:陰嚢水腫:懐中電灯による透光性試験:陽性
20170101_01.png  

【回答】

精液瘤、陰嚢水腫(水瘤)、鼠径ヘルニア、精巣腫瘍(睾丸腫瘍)、
 陳旧性副睾丸炎(精巣上体炎)などが考えられますが、
診察しないと分かりません。
 
泌尿器科の専門医に診ていただき安心いたしましょう。
 
お大事になさってください。
 
②お正月:葉牡丹
20170101_02.png
 
③お正月:葉牡丹
20170101_03.png

Posted by aids : 19:12 | トラックバック (0)

Entries

Archives